はじめての家づくりは、わからないことだらけで不安や疑問いっぱい・・・。
大きな森では、そんな不安や疑問を抱えているみなさんが安心して家づくりを進められるよう、家を建てるために必要な知識やお得な情報をお伝えしています。

今回は、家づくりをお考えの方から特に相談の多い「お金」「土地探し」「プラン」3つのテーマと、その他の「よくあるご質問」を一部ご紹介させていただきます。

無理のない最適な資金計画や土地探しのコツ、暮らしやすく家族が笑顔になる間取りの秘密など・・・、これから家づくりを始める方に耳寄りな情報が満載です。

今回はたくさんのご質問の中のほんの一部ですので、その他気になることやわからないことなどがございましたら、お気軽にご相談ください。
 

  • 土地探し相談
  • 資金相談
  • プラン相談
  • よくあるご質問

土地探し相談

どんなにオシャレで快適な家を建てても、住んでみて周りの環境が悪かったり、生活に不便を感じるようであれば「住み心地の良い家」とは言えません。住まいづくりにおいて土地探しはとても大切です。
そこで、大きな森の家づくりではお客様の「土地探しサポート」に非常に力を入れています。
ここでは、そんな私たちがよくお客様にお伝えする土地探しのコツの一部をご紹介いたします。

土地購入の一番の落とし穴とは?
土地購入の一番の落とし穴は、「予算計画を組む前に土地探しをしてしまう」こと。
家づくりで最も多い失敗事例は、「土地探し」から家づくりをスタートし、地盤改良など想定外の費用がかかってしまい建物の予算が圧迫され、思ったような住宅が建てられない・・・。
というものです。

海外旅行などで、ツアー料金の予算イメージで旅行に行ったら、食事やおみやげ、燃油サーチャージ、買い物などなど、当初の予定よりもかなりお金を使ってしまった・・・。
なんてことありませんか?
家づくりでは一つ一つの金額が大きいですし、必要になる費用も多岐にわたります。
まずは、土地代金、土地購入の諸費用、建物の建築費、建物の諸費用、建物完成後の費用を含めた「総資金計画」を組むところからはじめましょう。

諸費用について知りましょう!
家づくりでは、土地金額以外にどういった費用が必要になるかご存知ですか?
代表的なものとして、不動産取得税、司法書士費用、登録免許税、印紙代、仲介手数料、造成費、地盤改良費などが必要になります。

造成費や地盤改良費は土地によって必要の有無、費用が異なりますが、特に地盤改良などは半数程度の土地で必要になりますので、80万円程度は余分に見ておくと安心ですね。

また、仲介手数料はほぼ全ての土地購入で必要になる費用ですので、ある程度の試算はご自身で出来るようになっておくと良いでしょう。
仲介手数料の(計算方法:物件価格の3%+6万円)×消費税
1,000万円の土地であれば、仲介手数料は38.8万円となります。

その他にも様々な諸費用が必要になりますし、エリアによって造成費や地盤改良の目安も変わります。
インターネットで土地を探すにしても、まずは一度、土地購入に関する費用の全体像をおさえておきましょう。

インターネットでは良い土地情報が見つからない?!
インターネットはたくさんの土地情報を見ることが出来るので相場感を持つ上ではとても便利です。
ただし、インターネットには良い土地情報が掲載されづらいという点を覚えておきましょう。
というのも、不動産会社が土地情報をインターネットに掲載するためにはお金がかかりますから、本当はインターネットに掲載せずに売れた方が良いのです。つまり、土地情報は、
先に“自社に来店されたお客様”や“提携している会社”に紹介され、そこで売れなかった物件がインターネットに掲載されることになるのです。
より早く良い情報を取得するためには、不動産会社さんや提携会社に訪問をすることをおすすめします。

良い土地情報を得るためのコツ その1
本当に良い土地を探そうとすると不動産会社を5社以上は廻った方が良いと言われています。
全国展開している会社を2社。地域で強い中堅会社を2社。探している学区や地場が得意な会社を1社廻ることで、その地域のほとんどの土地情報が得られると言われています。

大手には金融機関などから土地情報が入ってくる紹介ルートがあり、地域で強い中堅会社はこのエリアで任せるなら!ということで土地の売却依頼が数多く入ってきます。
また、地場の不動産会社さんは地元の地主さんと強い繋がりを持っていることがあります。

これらをまんべんなく廻ることで様々な土地の情報ルートをカバーすることができるのです。
大きな森は県内の多くの不動産会社ネットワークがございますので、お客様に代わってたくさんの不動産会社さんから情報提供をいただいています。
不動産会社をたくさん廻るのが面倒臭いという方は是非ご利用ください。

良い土地情報を得るためのコツ その2
土地情報が集まりやすい人の特徴は、条件が明確になっていることです。
あたり前のことではありますが、不動産会社の営業マンは土地を紹介するためではなく、土地を販売するために日々忙しく働いています。そんな中、見込みの高いお客様と見込みの薄いお客様がいらっしゃった場合、どちらを優先して土地探しに時間を使うでしょうか。
もちろん見込みの高いお客様が優先されますね。

ですから、不動産会社さんを訪問する際は「見込みの高いお客様」と思われることが大切です。
見込みが高いと思われるためのコツは、「条件(時期、場所、環境、予算)が明確になっていること」
「条件に合った土地を探せば購入できる状態になっていること」の2つが大切です。

・時期、場所、予算、環境などの条件は明確になっていますか?
・上記の条件は3年に1度しか出ない宝くじのような条件になっていませんか?
・しっかりとした資金計画を組まれていますか?
(土地と建物の予算が明確な方は、銀行の事前審査を済ませておくとより良いでしょう)

土地の購入条件を決めることは意外に難しいものです。決めていたとしても、いざ条件に合った土地が紹介された際、「もっと良い条件の土地があるのでは・・・。」と考えてしまい購入を逃すこともあります。

ご自身の設定した条件が本当に妥当なものなのか?
・・・客観的に知る方法として、大きな森では、過去の取引実績を参考にしながらアドバイスさせていただきます。過去2〜3年の取引状況を見れば、設定した条件が
「宝くじ」レベルなのか、1ヶ月も待てばもっと良い条件の土地が出るようなものなのかが分かりスッキリしますよね。
納得して土地をご購入いただくためのサポートに力を入れておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

家づくりに関する不安や疑問など、どんな些細な事でもお気軽にご相談ください。経験豊富な専門スタッフがすべてまとめて解決いたします!「とりあえず聞いてみたい!」という方も大歓迎です!大きな森は、一組でも多くの方が家づくりに成功し、暮らし始めてからの生活が
ご家族の笑顔であふれていることを願い、皆様の家づくりのお手伝いをさせていただいております。完成したお住まいだけでなく、日々の生活の中でご家族の笑顔が生み出されてはじめて大きな森の家づくりは完成します。相談したからと言ってしつこい営業はしませんので、お気軽にご相談、お問い合せください。

  • 土地探し相談
  • 資金相談
  • プラン相談
  • よくあるご質問

住まいの資金相談

住宅ローンに追われないため、ゆとりある幸せな生活を送るために、無理のない最適な資金計画はとても大切です。
ここでは資金計画とローンにおいて大事なポイントをご紹介致します。

住宅ローンは人生で一番高い買い物!?
多くの方は住宅を購入する際、「住宅ローン」を活用して銀行さんからお金を借ります。
例えば、2,500万円のお金を借りたとすると返済額はいくらになるでしょうか。
借入を行うローンの種類にもよりますが、およそ3,138万円もの返済が必要になります。
(※フラット35S:金利1.35%で35年返済として試算。)
また、金利が1%変わると返済額は530万円以上も変わってしまいますし、「住宅ローンの見直しをしたら毎月の返済額が2万円も下がった!」といった話も珍しくありません。
「住宅ローン選び」の重要性はご理解いただけましたでしょうか? そんな「住宅ローン」ですが、日本に存在する住宅ローンの種類はおよそ4000種類と言われており、毎日1つずつ覚えても10年以上かかってしまいます。つまり、「住宅会社選び」よりも「住宅ローン選び」の方が難しいのです。
住宅購入では、こういった住宅ローンのサポートは住宅会社が行いますので、住宅会社をお選びいただく際は、必ず「住宅ローンの知識」という視点もお持ちいただくことをおすすめします。
暮らしをはじめるために必要なお金を知ろう!

お家の購入に関する費用はほとんどの住宅会社や不動産会社が教えてくれます。
しかし、ここで忘れがちなのが「引っ越し代」「カーテン」「エアコン」「新しい家具」といったお家の購入に含まれない費用です。こういった「暮らしをはじめるために必要な費用」は、 資金計画に含まれているでしょうか?
よくある資金計画の失敗の一つがこれらの見逃しです。ちなみに、カーテン、エアコン、家具などを考えますと100万円近い金額になることも珍しくありません。 資金計画を組む際は、お家の購入だけではなく、「新しいお家で暮らすために必要な費用」をしっかりと計画してくださいね。
健康でないと住宅ローンが組めないってホント!?
本当です(例外アリ)。 住宅ローンを借りる際には、一部例外を除いて団体信用生命保険(略して”団信”)という保険に入ることになります。これは万一の際に住宅ローンを完済するための保険で、ほとんどの銀行が加入を義務づけています。当然のことながら、団信は生命保険ですから健康状態によっては加入することができず、借入も出来なくなってしまうのです。
一部、団信の加入を義務づけていない住宅ローン商品もありますが、金利が高くなってしまいますので、健康に不安がある方は、お早めにご相談ください。
自分はどのくらい住宅ローンを組めるんだろう?
住宅ローンには審査基準として「収入基準」といわれる条件があり、銀行ローンであれば、一般的には年収に対して他の借入も含めて25%が年間返済額の目安と言われています。
ご年収を500万円として試算しますと、年間返済額が125万円、月々返済額10.4万円となります。 仮に月々の返済額を10万円として借入額を算出すると適正な借入額は約3,300万円なんですね。
(※フラット35S:金利1.35%で35年返済として試算。)

さて、本当に重要なことはここから。上記は一般的な試算として掲載していますのであくまでも参考程度にみていただければと思います。
実際の住宅ローンでは、銀行、ローン商品、その他の返済状況、収入合算、ご職業・・・etc。
たくさんのことを考えなければなりません。
特に、審査基準は銀行やローン商品によっても異なりますし、審査に通りやすくするためのノウハウもあります。同じ借入額でも、より条件の良い(審査の厳しい)住宅ローンを 活用した方がお得になりますから、住宅ローンをお考えになる際は、是非ご相談ください。
最後に一番大切なことをひとつだけ。
住宅ローンは借入可能額で考えてはいけません。住宅を購入すると固定資産税もかかりますし光熱費も変わります。毎月の家計をしっかりと見直し、無理のない返済計画を立てましょう。

自己資金がないと住宅購入はできませんか?
自己資金はあるにこしたことはないですが必ずしも必要なものではありません。
およそ20年前は金利が現在の3倍~4倍でしたので頭金を貯めることが一般的でしたが、現在の低金利を考えると、自己資金を貯めて減らせる金利分の支払いよりも、貯めている期間の家賃の方が高くつくケースがほとんどなのです。
自己資金を持っていても使わずに貯蓄し、住宅ローンを借りるという方も多くいらっしゃるくらいですので、本当に自己資金を貯める必要があるのか?
是非、一度ご相談ください。

  • 土地探し相談
  • 資金相談
  • プラン相談
  • よくあるご質問

プラン相談

理想のお家…言葉で言うのは簡単ですが、理想のお家は3度建替えないとできないと言われています。
ここでは、プラン作りのよくあるお悩みの一部をご紹介いたします。

プラン提案には費用がかかるものなのでしょうか?
大手ハウスメーカーなどで、別会社に設計を依頼している場合には10万円程度の設計料が発生することがありますが、大きな森では無料でプラン提案を行っています。
他にも建築のご相談や、敷地の調査、見積もりなども無料です。ご契約頂いて初めて費用が発生するため、安心してお気軽にご相談下さい。
理想の暮らしを実現するためのコツ
全国8000人に聞いた住まいをつくる際に重視したい項目の上位3位は「日当たり」「風通し」「収納」でした。
ついつい部屋の大きさと配置だけに目がいってしまいがちですが、実際の暮らしは平面ではなく空間で行われます。採光のための窓の配置や風の動線、収納空間の使いやすさを考えることで快適な環境をつくることができますから、上の3点を意識し、空間をイメージしながら設計士の方と打合せをしましょう。
また、理想の住まいは百人百様です。設計士さんとのコミュニケーションでは、現在の住まいの不満点や気に入っている点、現在だけではなく将来のライフスタイルをしっかりとお伝えください。
逆に注意しなければならないポイントとしては、「LDK20帖」「トイレの位置はココ」「収納は〇㎡以上」といったように条件を縛りすぎてしまうことです。
設計士はプロですから、少しでもお客様の条件の中で理想のライフスタイルを実現しようと考えるのですが、条件が多すぎると選択肢が狭まってしまうのです。
住まいは全体のバランスで設計をしなければなりませんので、具体的な条件は「絶対に叶えたい」項目に絞り、出来るだけ実現したい暮らしのイメージを伝える方が良いプラン提案を受けられます。
そこで、完成見学会にはなるべく参加してください。広さなどの感覚は個人差が大きいものですし、打合せの際に〇帖といった会話があった際、数値とイメージに相違が出てしまうと実際に完成してから「思ってたのと違う!」なんてことにもなりかねません。
少しでも、数字を空間としてイメージできるように完成見学会への積極的な参加をオススメします。
家族のコミュニケーションがとれるお家にしたいのですが…
家族のコミュニケーションを増やすためには、家族が帰宅時に必ず顔を合わせるようなリビング階段にしたり、キッチンとリビングで会話がしやすいような間取りにしたり、1Fと2Fで気配が感じられるよう吹き抜けにしたり、キッチン周りにお子様が勉強できるようなスペースを作ったり、2Fのホールに家族団らんできるフリースペースを設けたり、日曜日に家族でバーベキューをするためのウッドデッキをつけたり、、、。
たくさんの工夫が考えられます。住まい全体のバランスを取りながら、最適な暮らしを探していきましょう。また、オープンな空間にしすぎてしまうと思春期のお子様のプライベート空間が少なくなることで、逆に引きこもりにつながってしまう可能性もあります。
リビングに段差をつけるなど、“近くにいながらも近すぎない”という微妙なバランスを取ることをオススメします。
モノが多いので、収納が多いお家が作りたい
収納量を増やす上では、居住スペースを圧迫しない空間を利用した収納から考えましょう。
物置(外部収納)、小屋裏収納、床下収納、階段下収納、大型収納の上部などなど、デッドスペースを効率的に活用することで、快適な居住空間を確保しながら十分な収納スペースが得られます。
また、造り付け収納で全てをまかなおうとすると柔軟性がなくなってしまいます。
ベッド下収納や移動式の間仕切り棚、机収納など、家具に付属する収納を活用することでライフスタイルの変化に適応しやすくなります。
最後に、収納は現在だけではなく将来のライフスタイルを想定することが大切です。
例えば、お子様に片付けのしつけをするのであればリビングにおもちゃ収納を置くと良いですし、お子様が小学校に入ると、作品を飾る「見せる収納」が欲しくなります。
野球やサッカーなどが好きなお子様の場合は汚れたものをそのまま収納できるシューズクロークを充実させると便利です。
まずは、理想のライフスタイルをお聞かせください。経験豊富な設計士がたくさんのアイディアを提案させていただきます。

  • 土地探し相談
  • 資金相談
  • プラン相談
  • よくあるご質問

よくあるご質問

住宅建築のために土地を探しています。土地も一緒に探して貰えるでしょうか?

はい。大きな森では、土地探しのポイントや秘訣をお伝えする勉強会を開催し、お客様の希望条件に合わせた土地を探し、気になる土地が見つかった際はお客様に代わって不動産会社への交渉なども行っております。土地診断なども行っておりますので、気になる土地が見つかりましたらお気軽にご相談ください。

お家の保証はどうなっていますか?

住宅瑕疵担保履行法に基づき10年間(構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分)保証致します。また、設備関連に関してはおよそ2年間のメーカー保証(設備によって異なります)があります。保証以外にも、お客様の暮らしをサポートするアフターサービスや定期点検がございますのでご安心ください。
さらに長期の点検が必要な方は長期優良住宅にしてみてはいかがでしょうか。

住宅ローンの手続きがよくわかりません。手続きもお手伝い頂けますでしょうか?

住宅ローンの手続きも安心してお任せ下さい。弊社提携金融機関やご希望の金融機関に必要な手続きをとらせて頂きます。大きな森では、住宅購入に必要な住宅ローン知識についてのセミナーなども実施しております。
“まずは勉強から”とお考えの方もお気軽にご相談ください。

完成までどれだけ期間かかりますか?

季節や住まいの広さ、タイミングにもよりますが、着工から完成まではおよそ4ヶ月程度の期間がかかります。また、着工前にはプランや仕様のお打ち合わせなどがございます。
このお打ち合わせの期間を短く見積もってしまうと、せっかくのマイホーム購入なのに、十分に検討できなかったという失敗につながる可能性がありますので注意が必要です。

家づくりに関する不安や疑問など、どんな些細な事でもお気軽にご相談ください。経験豊富な専門スタッフがすべてまとめて解決いたします!「とりあえず聞いてみたい!」という方も大歓迎です!大きな森は、一組でも多くの方が家づくりに成功し、暮らし始めてからの生活が
ご家族の笑顔であふれていることを願い、皆様の家づくりのお手伝いをさせていただいております。完成したお住まいだけでなく、日々の生活の中でご家族の笑顔が生み出されてはじめて大きな森の家づくりは完成します。相談したからと言ってしつこい営業はしませんので、お気軽にご相談、お問い合せください。