「ZEHについて」2020年実績報告

投稿日:2021年06月28日

みなさん、『ZEH(ゼッチ)』とは何かご存知でしょうか?

 

家づくりを進める中で、これから造る住まいがどのくらいのエネルギーを使うのか気になる方もいるかと思います。
エネルギーを使う=ランニングコストの消費にもつながりますからね。

【ZEH(ゼッチ)】とは、【ネット・ゼロ(Z)・エネルギー(E)・ハウス(H)】の頭文字をとったものをいいます。

文字通り、1年間を通じて消費エネルギーを概ねゼロにする住宅と、いうことです。

消費エネルギーをゼロにするって、いまいちピンとこないかもしれませんね。テレビやエアコン、お風呂の給湯など電気やガスなどでエネルギーを消費していますからね。ゼロにするって何も使わない暮らしをすることではないんですよ。

 

ポイントはここにあります。

使うエネルギーは自分の家自体で作る!そして、エネルギーの消費量を可能な限り下げる(1次エネルギー消費を20%以上削減)!

 

こうした考えを踏襲し、国が認めた性能をクリアした住まいがZEHとして認定されます。

 

そんなZEH住宅にするために必要なことは、

❶住宅本体の高断熱化を進め、高性能な住まいにする

❷その家自身で発電できる太陽光パネル等の機器を設置する

大きくはこの2つになります。

 

とは言っても、高性能な住宅かつ、太陽光パネルを搭載するってことは、その分建築費用が膨らむことでしょ?と疑問を持つ方も多いと思います。

もちろん、建築費用が変わらずできるものではありません。家の規模や導入機器、性能にもよりますので、一丸にいくら上がりますとは言えませんが、数百万円上がることは事実です。
ただでさえ家づくりは高い買い物です。そんなに費用はかけられない!と考えるでしょう。

 

では、なぜZEH住宅が普及し始めているのでしょうか。

 

それは、ZEHに認定された住宅は国から補助金が出ること、そして長い目で見たらイニシャルコストの軽減され、長い目で見たらお得になる可能性があるからなのです。

まずは国からの補助金についてです。
ZEHと認定されると補助金が60万円~最大195万円までもらうことができます。
※詳しくは当社スタッフまで問い合わせください。

そして大切なのは、イニシャルコストの軽減です。
1年間の消費エネルギーを概ねゼロにするということは、電気やガス等の光熱費が概ね0円となることです。
例えば月に平均23000円の費用がかかっていたとします。1年間で28万円の費用を支払う形となります。
どうでしょう、10年経つと280万円の削減となります。

補助金と合わせると340万から450万円の削減となります。

ZEHは費用面もそうですが、心地よい暮らしを送らせてくれます。
高性能な住まいになるので住環境も良く「夏は涼しく、冬は暖かい」、エアコンも気にせず使えるので、一年中温度差の無い暮らしが送れます。
また、太陽光パネルで自家発電をしているので、災害時にも最低限の電気はまかなえます。
余り知られていませんが、ZEHは資産価値を高めてもくれます。もし売却することになっても、ZEH
とそうでない住宅とはかなり差がつくのです。

 

地球温暖化対策としても急速に普及しているZEH。

国では2030年までに新築住宅の平均をZEHにすることを目標としています。

2019年度大きな森ではZEH対応のお住まいを建築された方は1件でした。

今年度も引き続きZEHビルダーとして目標達成できるよう、

広く周知できるよう努めたいと思います。

 

 

◆年度別 ZEH普及実績及び目標(NearlyZEH含む)◆

 2016年度・・・【目標】8%    【実績】6%

 2017年度・・・【目標】20%  【実績】0%

 2018年度・・・【目標】30%  【実績】0%

 2019年度・・・【目標】50%  【実績】2%

 2020年度・・・【目標】60%  【実績】3

 2025年度・・・【目標】60%  

 

2021年度も引き続き上記の目標を掲げ、より多くの地域の皆様に快適で家計に優しい

お住まいを提供させていただければと思っております。

 

『ZEH』に興味のある方、お話だけでも聞いてみたい方はこちら↓

 

お問合わせ