社内検査

経験豊富なスタッフが複数の目で、そして厳しい目でチェックします。

お引渡し前の住まいを対象とし、営業・設計・現場監督が集まり、隅々までチェックをする『社内検査』を実施しています。
竣工図と完成した住まいを照らし合わせ、クロスや照明、設備、扉、窓などの色、デザイン、位置、開く方向等が打合せ通りになっているか、また、キズや汚れ、仕上げの状態を細かく確認します。
チェックされた箇所は各現場のスタッフが迅速に対応し、お引渡し前までに交換や補修などを行います。
また、お客様のご希望があればお引渡し前に直接現場をご案内し、自身の目で施工状況を確かめ、不適切な箇所があれば事前に伝えていただくことができます。
お客様に満足していただけるお住まいをご提供する上で重要な最終過程となりますので、一切の妥協を許しません。


第三者機関による施工管理

第三者検閲の建築士の資格を持った現場検査員が2回の現場検査を行います。

  • 地盤検査
  • 基礎配筋検査

    基礎配筋工事の完了物

  • 躯体検査

    下地張りの直前の工事完了時

  • 事業者へ保険証券発行

    保険証券及び保険付き保証券証書は事業者から住宅瑕疵担保履行法に基づき発行されます

  • 保険付保証明書

    保険付保証明書は事業者よりお受け取りください


万一のための瑕疵担保責任保険

ご存知ですか?新築住宅を守る法律があります。

住宅瑕疵担保責任保険

新築住宅の発注者や買主を保護するため、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)が平成21年10月1日に施行され、新築住宅の請負人や売主に資力確保措置(保険への加入または保証金の供託)が義務付けられます。
大きな森は住宅瑕疵担保履行法に基づき、 国土交通大臣指定の第三者機関による住宅瑕疵担保責任保険に加入し、 10年間の保証をお付けしています。


保証の内容

万一のための瑕疵担保責任保険新築住宅に瑕疵があった場合に、補修等を行った事業者に保険金が支払われる制度。
事業者が倒産しているなど、補修等が行えない場合、保険に加入している新築住宅(保険付き住宅)を取得した人は、保険法人に対し瑕疵の補修などにかかる費用(保険金)を請求することができます。(直接請求)

保険の対象範囲

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

木造従来軸組工法の戸建住宅の例
2階建ての場合の骨組み(小屋組、軸組、床組)等の構成

保険の期間

保険証券記載の引渡し日から10年間
(引渡し日は工事完了より1年以内)

保険の期間

紛争処理

保険に加入している新築住宅において、請負人・売主と、発注者・買主との間で紛争が生じた場合、指定住宅紛争処理機関(弁護士会)による紛争処理手続き(あっせん、調停または仲裁)を利用することができます。


定期点検システム

大きな森では、引き渡した後もお客様が快適に暮らしていけるように定期点検を行わせて頂いております。
何かちょっとした気になることでも安心してお伝えください!

  • お引越し
  • アンケート調査
  • 半年点検
  • 1年点検
  • 2年点検
  • 4年点検
  • 7年点検
  • 10年点検

※定期点検を行う際は、事前に通知させていただきます。